【座席表予想図】国立 代々木競技場 第一体育館(こくりつ よよぎきょうぎじょう だいいちたいいくかん)

国立代々木競技場第一体育館(こくりつよよぎきょうぎじょうだいいちたいいくかん)は、東京の原宿駅のすぐそばの代々木体育館です。近年では第一体育館は主にライブコンサート、第二体育館はスポーツイベントという風に住み分けがなされているようです。東京五輪大会では第一体育館でハンドボール、バドミントン(パラリンピック)、ウィルチェアラグビーが行われました。代々木第1体育館を「よよぎ だいいち」「よよぎ だいいち たいいくかん」「よよぎ たいいくかん」、代々木第2体育館を「よよぎ だいに」と呼ぶこともあります。






■アクセス

〒150-0041
東京都渋谷区神南2-1-1
TEL:03-3468-1171
FAX:03-3468-1942

周辺地図


代々木体育館へのアクセスは原宿駅か明治神宮前駅から歩いてすぐで、渋谷NHK放送センター・NHKホールの隣接地になります。

あまり知られていないのが、原宿駅から代々木体育館に向かう途中の代々木公園は、前回1964年の東京オリンピック大会の選手村跡地だという事です。代々木公園には当時のオランダ選手が使っていた宿舎がそのまま残されており、当時に各国選手が植えた樹木園もありますので、是非、散歩がてら立ち寄ってみてください。

代々木第一体育館 アリーナ座席表予想

ライブ遠征原宿・渋谷周辺の宿泊施設をお探しなら


駐車場 第一体育館南側に普通車専用の有料駐車場があります。
国立代々木競技場の周辺コインパーキング

コインロッカーとクロークは見当たりませんので、駅周辺であずけてから入場することになります。
競技者用には無料のダイヤル式のロッカーを設置しております。

喫煙所 第4コートの隣に喫煙所があります。喫煙所以外は禁煙となりますのでご了承ください。




■キャパシティ

最大収容人員
12,808名

座席内訳
スタンド席8,684席(ロイヤルボックス48名・身障者席10席)
アリーナ席4,124名 

よよぎだいいちたいいくかんの360度パノラマビュー

スタンド後方席は日本武道館のように、上から見下ろすような見え方になります。

改修後 座席番号

改修後も代々木第一体育館の座席表予想に大幅な変更は無く、アリーナ使用時形態も下図のようなパターンが予想されますので、チケット購入の参考にしてみてください。

☟改修前 アリーナイメージ クリックで拡大
代々木第一体育館 アリーナ座席表予想

2020東京オリンピック開催時 収容人数
オリンピック ハンドボール:10,200席
パラリンピック 車いすラグビー、バドミントン:10,200席

東京オリンピックシート
bandicam 2019-05-10 03-07-29-997.jpg

A席からの見え方
9eb4533ab181badc520dbb64cf49a740.jpg Cd9P0WQUMAAipaY.jpg

B席からの見え方
f3cf108868a18a80cab66bc5b581a4d4.jpg cf86cdbdbd1e6b25df9dd291626b3d7a.jpg

C席からの見え方
2cd97d2b43077144b29d8d75ad03b29e.jpg cf86cdbdbd1e6b25df9dd291626b3d7a-1.jpg




■代々木第一体育館のイベント予定


代々木第1公演の詳細
チケットを探す.jpg


この記事へのコメント