関西アーティストのみで構成されたサーキットイベント『COME TOGETHER MARATHON 2021』が開催決定

大阪のライブハウス「Pangea」と数多くのインディーバンドを取り扱うレコード店「HOLIDAY! RECORDS」が、合同でサーキットイベント『カム・トゥギャザー・マラソン 2021』を7月10日に行うことを発表した。

このイベントはお互いが気になってライブを観たいアーティストを集めてPangeaで不定期に行っている合同企画の拡大版。初のサーキットイベントでの開催となる今回は「ANIMA」「BRONZE」「CLAPPER」「Pangea」の4会場で、出演は関西のアーティストのみで構成されているとのこと。

常に良質なバンドが輩出される関西の今を満喫できる一日となりそうだ。



主催者コメント

Live House Pangea吉條壽記
『ライブハウスでの出会い。
それはお客さんだけの特権ではなくアーティストにとっても大切なものではないでしょうか。
たまたま同じ日、同じ場所でライブをしたアーティストがこれからの自分たちの指針になったり生涯の盟友になる。
僕はその「たまたま」の確率を上げるのがライブハウスの「ブッキング」だと思い取り組んできました。
しかし去年から今の今までなかなか思うように「ブッキング」が出来ませんでした。
それとは関係なく新しいアーティストはどんどん誕生しネットを通して世の中に出ていきます。

直接触れることなく分断されていく世代を繋げたい。
おこがましくもそんな気持ちでこの企画を立ち上げました。
幸い近くにHOLIDAY! RECORDSの植野さんという信頼できるパートナーがいました。
ライブハウスとはまた違う視点で現場を大事にしてきた人です。
初年度は関西のバンドだけです。
願わくばこのイベントが現場に血が通うきっかけの一つになりますように。』

HOLIDAY! RECORDS 植野秀章
『このイベントの言い出しっぺはパンゲアの店長吉條さんです。
コロナ禍のこの状況で、精神的にも金銭的にも非常に厳しいはずなのに、こんな一大イベントをやろうと言い出した吉條さん。その全くへこたれない屈強な精神には本当にリスペクトです。と同時に少し引いています。笑
ですが、暗い気持ちになることが多いこのコロナ禍で、このイベントの打ち合わせの時間は、僕にとって前向きな気持ちになれる大切な時間でした。それと同じように、未来にこのイベントが待っているということが、皆さんにとって何か心の寄りどころになったり、少しでも前向きな気持ちになれる理由になれば幸いです。

今後も素敵なバンドの出演が続々と解禁されますので、どうぞお楽しみに。
皆さんのご来場を心よりお待ちしております!』

AqrN6ZEr8hvRuGCKSskqoIluDwarVv9bylCIvB2M0uPymv3j41RLYUzFKfubs4CPHrzWqpv4jN86fgwUBeB_IhGKHfiVA0Z7jCEgn4PQ1elSFMvwiYJ6T_W6O0CneFqI.jpg


この記事へのコメント

チケットぴあ