【座席表予想図】万博記念公園内に西日本最大級のアリーナが誕生する

 大阪府は、大阪府吹田市の万博記念公園に計画している西日本最大級のアリーナについて、2027年の開業を目指すと発表しました。

 大阪府は、万博記念公園駅の南側に大規模アリーナを整備する方針で、開設と運営を担う事業者について、アメリカの大手エンターテインメント企業「アンシュッツ・エンターテインメント・グループ」など日米3社による企業グループを選定したことを発表しました。この地域は交通の便があまり良くなく、「もっと都心に作れば良いのに」(堀江貴文氏)という声も上がっている。

 アリーナは、収容人数が西日本最大級の18000人を想定し、アメリカプロバスケットボール(NBA)の公式戦やフィギュアスケートの世界選手権などのスポーツイベントの開催を目指すということです。スタジアムとアリーナの大きな違いは、アリーナは体育館のような室内球技用の床であるという点です。

 (大阪府 吉村洋文知事)
 「世界的なスポーツを生で見て、コンサートなども大阪の地で楽しむことができる」

 アリーナの開業は2027年の秋ごろを目標としています。



 当サイトでは、このアリーナが完成するまでの最新情報をお届けしていこうかと考えています。ご覧になりたい方は、このページのブックマークをよろしくお願いいたします


この記事へのコメント

チケットぴあ