三浦知良がピッチに第一歩、新国立競技場オープニングイベント

 2020年東京五輪・パラリンピックのメイン会場となる新国立競技場は今月21日、オープニングイベント「HELLO, OUR STADIUM」を開催する。主催する日本スポーツ振興センターは9日、このイベントでサッカー・横浜FCの三浦知良(52)がピッチ(芝生)に初めて足を踏み入れる大役を担うと発表しました。
images.jpg
 イベントは2部構成で行われ、前半では太鼓芸能集団・鼓童のオープンニングアクトに続き、東北6県を代表するお祭りの山車などがトラック上をパレードする「東北絆まつり」を実施。その後、三浦知が登場し、フィールドエリアに最初の一歩を踏み込む。
 スペシャルサポーターの松岡修造氏(52)とMCの平井理央さん(37)が一連のイベントを盛り上げる。
20181013s00041000340000p_view.jpgAAEGg8K.jpg
 カズは「今回、スポーツ史に残る名シーンを数多くの歴史を産み出してきた『聖地』国立競技場のこけら落としイベントに呼んでいただきありがとうございます。自分にとっての国立競技場は、皆さんから本当に多くの応援と勇気を貰った思い入れの深い大切な場所です。懐かしくも新しいこの国立競技場の誕生を皆さんと共にお祝いする幸せな瞬間を楽しみに。当日お会いしましょう」とコメントを寄せた。
 後半では「DREAMS COME TRUE」や「嵐」がライブを行った後、男子100メートル世界記録保持者のウサイン・ボルト氏(33)や前日本記録保持者の桐生祥秀(23)=日本生命=らが性別や障害のあるなしなどを乗り越えて結成した4チームによる1200メートルリレー「ONE RACE」を実施。新たな聖地の誕生を祝う。


images.jpgvol821-jpp024215117.jpg

新国立競技場から無数の遺体が発見された!

この記事へのコメント