【座席表予想図】江の島ヨットハーバー 東京オリンピック・セーリング競技会場

東京1964大会時に使用するため、整備された日本初の競技用ハーバーです。1964年のオリンピックレガシーを有する施設の1つです。神奈川県藤沢市にあります。東京2020大会でもセーリング競技会場に選ばれました。無料観戦できる可能性は、スタート後に沖へ出ていくコースですとスタート直後とゴール時刻に多少見れるかもしれないといった程度なので、えのしま観光のついでにといった所か。

江の島を完全攻略!江の島のおすすめ観光スポット22選








座席
オリンピック セーリング:3,600席

東京オリンピックシート
bandicam 2019-05-11 02-20-57-770.jpg

bandicam 2019-05-08 09-52-14-986.jpg

観客席エリア写真
189ed399e347eb7e89e4bac9e48a6f42.jpg

bf835661a3a36700628b26cd1c1ded02.jpg

イベント日程

2020年東京オリンピックスケジュール

2020年7月26日~8月5日

アクセス
小田急線「片瀬江ノ島駅」下車徒歩約18分
江ノ電「江ノ島駅」下車徒歩約21分
湘南モノレール「湘南江の島駅」下車徒歩約23分
公共交通機関をご利用ください。

所在地
神奈川県藤沢市江の島一丁目12番地2



セーリング(Sailing)あるいは帆走(はんそう)とは、帆の表面を流れる風によって生ずる揚力を主な動力として、主として水上を滑走すること又はその技術を競う競技である。
セーリングに用いる竜骨の形状は、キャビンを備えるものから、ボート、ボードなどに至るまで多様である。セーリングをヨットと同義とする記述が一般的であったが、国際セーリング競技規則の名称に"セーリング"との呼称が採用されたことを契機として、セーリングとの呼称が定着しつつある。 ヨットという呼称は、セーリングに用いる艇種の一形態として用いる傾向が顕著である(2006年現在)。

その他の東京オリンピック会場

この記事へのコメント