【座席表予想図】お台場海浜公園 トライアスロンコース マラソンスイミング会場

東京オリンピックでお台場海浜公園を舞台に繰り広げられるのが、トライアスロンとマラソンスイミングです。デートスポットとしても有名なこのエリアには、外を眺めながら食事ができる飲食店がたくさんあり、無料観戦できることが期待できます。

スイム観戦におすすめ
少し遠目にはなりますが、デックス東京ビーチやアクアシティお台場のテラス席がおすすめです。

ラン観戦におすすめ
お台場海浜公園の高架下からの観戦が日陰でおすすめです。

バイク観戦におすすめ
夢の広場やシンボルプロムナード公園セントラル広場からのんびり眺めることもできます。広場や公園にテントを貼って、夏フェス気分で応援に出かけてもよさそうです。

東京オリンピック座席表 5500席

bandicam 2019-05-11 01-34-28-320.jpg
bandicam 2019-05-11 01-33-21-830.jpg

A席からの見え方
6fc42e3c2a612586b6648fe1b93e213a.jpg

B席からの見え方
dac2dd0b558d41b4ad88681e6065eaf5.jpg

イベント日程

2019年

8月15日~18日 ITUオリンピッククオリフィケーションイベント(2019/東京) ITU世界ミックスリレートライアスロンシリーズ(2019/東京) ITUパラトライアスロンワールドカップ(2019/東京)

2020年

オリンピック
7月27日(月)8:00 - 10:20 トライアスロン(男子)決勝
7月28日(火)8:00 - 10:30 トライアスロン(女子)決勝
8月1日(土)8:00 - 10:00 トライアスロン(混合)決勝
8月5日(水)8:00 - 11:00 水泳/マラソンスイミング(女子)決勝
8月6日(木)8:00 - 11:00 水泳/マラソンスイミング(男子)決勝

パラリンピック
8月29日(土)8:00 -13:00トライアスロン(男子/女子)決勝
8月30日(日)8:00 -13:00 トライアスロン(男子/女子)決勝

場所:お台場海浜公園



アクセス

◆電車
新交通ゆりかもめ 「お台場海浜公園」/「台場」徒歩3分
りんかい線 「東京テレポート」下車徒歩10分

◆海上バス(お台場海浜公園乗場)
日の出桟橋(JR浜松町駅下車徒歩8分)から「お台場海浜公園」下船(所要時間約20分)です。海から眺めるレインボーブリッジ、夕暮れ(サンセット)や夜景は、お台場の新しい魅力を感じさせてくれます。お台場海浜公園からは、東京都観光汽船の「日の出桟橋・お台場ライン」「浅草・お台場直通ライン」「豊洲・お台場ライン」と、東京水辺ラインの「浅草・お台場クルーズ」が運航しています。

◆駐車場
お台場海浜公園北口駐車場(台場公園寄り,244台)、お台場海浜公園中央駐車場(お台場海浜公園隣接,101台)があります。

利用時間
北口駐車場、公園内中央駐車場共に24時間営業
料金
北口・公園内中央駐車場共に2時間600円、以後30分ごとに150円加算となります。(北口のみ24時間最大1,500円)
台数
北口駐車場244台、公園内中央駐車場101台

※トライアスロン当日は一般道も規制されますので注意が必要です。

オリンピック競技 トライアスロン

競技概要
トライアスロンは、スイム(水泳)・バイク(自転車ロードレース)・ラン(長距離走)の3種目を、この順番で1人のアスリートが連続して行う耐久競技。ラテン語の3を表すトライと、競技を意味するアスロンを組み合わせて名付けられた。
オリンピックでは、スイム1.5キロメートル、バイク40キロメートル、ラン10キロメートルの、合計51.5キロメートルで着順を争う。この設定距離は、オリンピック・ディスタンス、またはスタンダード・ディスタンスと呼ばれている。男子のメダリストは1時間45分ほど、女子のトップは2時間を切るスピードで駆け抜けてゆく。
トライアスロンは、1974年に初めてアメリカで競技大会が開催された比較的新しいスポーツである。シドニー2000大会から正式競技となり、男女とも実施されている。東京2020大会では、新種目として男女による混合リレーが行われる。

種目
個人(男子/女子)混合リレー

コース詳細
オリンピック トライアスロン 個人(男子/女子)
スタート・フィニッシュ:お台場海浜公園
距離:
水泳(スイム)1.5km(1km+0.5km)
自転車(バイク)40km(5km×8周回)
ランニング(ラン)10km(2.5km×4周回)
bandicam 2019-01-30 11-52-35-753.jpg

オリンピック トライアスロン 混合リレー
スタート・フィニッシュ:お台場海浜公園
順序:女子→男子→女子→男子
距離(1人当たり):
水泳(スイム)300m
自転車(バイク)7.4km(3.7km×2周回)
ランニング(ラン)2km(1km×2周回)
bandicam 2019-01-30 11-57-13-474.jpg

パラリンピック競技 トライアスロン

3つの過酷な種目を乗り切った選手たち。ゴールの向こう側に見えるものとは。
競技概要
1人で3つの種目(スイム、バイク、ラン)を連続して行い、その合計タイムで競うトライアスロン。パラリンピックでは、リオデジャネイロ2016大会から正式競技となっている。レースの距離はオリンピックのちょうど半分となる「スプリント・ディスタンス」で、スイム(750メートル)、バイク(20キロメートル)、ラン(5キロメートル)の計25.75キロメートル。レースは男女別に行われる。
障がいの内容や程度により6クラスに分かれ、クラスごとに競技方法が一部異なる。座位クラス(PTWC)は、バイクはハンドサイクルを使い、ランでは競技用車いすを使う。立位クラス(PTS2~5)はバイク、ランでは障がいに応じて義足など補装具を使用でき、バイクの改造なども認められる。視覚障がいクラス(PTVI)は、競技全体を通して同性のガイド1名と競技を行う。スイムからバイクへ、バイクからランへと種目を移行する過程の「トランジション」にも注目したい。

種目
PTWC(男子/女子)
PTS2(女子)
PTS4(男子)
PTS5(男子/女子)
PTVI(男子/女子)

コース詳細
パラリンピック トライアスロン 個人(男子/女子)
スタート・フィニッシュ:お台場海浜公園
距離:
水泳(スイム)750m
自転車(バイク)20km(5km×4周回)
ランニング(ラン)5km(1.66km×3周回)
bandicam 2019-01-30 11-53-06-782.jpg



363_0260_1_950x637.jpg

この記事へのコメント