【座席表予想図】ニッパツ 三ツ沢球技場(三ツ沢公園球技場)

三ツ沢公園球技場(みつざわこうえん きゅうぎじょう)は、神奈川県横浜市神奈川区の三ツ沢公園内にある球技場である。横浜市の中心市街地を見下ろす丘陵地に整備された緑地・運動公園の一部となっている。
なお、横浜市に本社を置く自動車部品メーカーの日本発条が命名権(ネーミングライツ)を取得しており、2008年3月より「ニッパツ三ツ沢球技場」(ニッパツみつざわきゅうぎじょう)の呼称を用いている。
日本プロサッカーリーグ(Jリーグ)、ジャパンラグビートップリーグや全国高等学校サッカー選手権大会やその神奈川県大会決勝、全国高等学校ラグビーフットボール大会の神奈川県大会決勝などでも使用されている。

1955年の第10回国民体育大会(神奈川国体)に備えて、日本におけるサッカー専用スタジアムのはしりとして建設され、1964年の東京オリンピックサッカー競技の会場としても使用された。その後は日本サッカーリーグ(JSL)で古河電気工業サッカー部、日産自動車サッカー部、全日空横浜サッカークラブなどが試合を開催した。これ以外でもアマチュアサッカーやラグビーの試合で頻繁に使用され、同球技場は神奈川県や東日本でのサッカー・ラグビー大会の開催地として重用された。1991年にJリーグの発足とキングカズこと元サッカー日本代表の三浦知良の所属する横浜マリノス(前身は日産自動車)・横浜フリューゲルス(同全日空横浜)の参加が決まると、横浜市内を本拠地とする両チームのホームスタジアムとして三ツ沢球技場が選定され、当時のJリーグ(現在のJリーグ ディビジョン1(J1))規格を満たす約15,000人を収容できるスタジアムとして、リーグ発足の1993年に増築されたサッカーにゆかりの深い会場です。

ニッパツ三ツ沢球技場の試合イベント





座席表 15454席

mitusawa.jpg

ADDRESS 〒221-0855 神奈川県横浜市神奈川区三ツ沢西町3-1



access.jpg

01-small.jpg

02-small.gif

この記事へのコメント